ホーム>スタッフブログ>ORDER MADE

ORDER MADE

茅ヶ崎 新築 オーダメイド 木工事後半戦

お施主様と今年最後の打合せを現地にて行いました。
大工さんももう少し。
現地では大工さんの仕事を見ていただきながら
想像力と現況確認してのわかりやすい。安心できる住まいづくりを提案します。
お施主様は来月から内装決定の段取りに入ります。
必要サンプルをお渡しし、年末・年始の楽しい宿題が始まります。

2017/1/15(日)は弊社にて年始イベントがあります。
笑顔にて顔合わせを察せていただきたく。完成に向けての準備も始めてまいります。
来年も宜しくお願い申し上げます。
それでは良いクリスマスを・・・ 祝

明日は、BINO-WAVE28 FROM座間へ 上棟後のパトロールに行ってきます。
楽しみです。

 

写真は当日、青空の中 バルコニー板張りの色から打合せ開始。

20161224164855.JPG

▲リボスの新塗料に決まりました。

20161224164733.JPG

▲一壁面羽目板張り。

20161224164823.JPG

▲秘密基地 小屋裏
ロートアイアンがつきます。

このお住まいは敷地30坪で上物26坪で大変コンパクトですが
室内の空間はダイナミックな感覚にて、家族の好きな場所が沢山凝縮されております。
山と自然も好きでご夫婦でサーフィンも大好き。
家族とともに愛着のある物語をつくってくれるハズです。

茅ヶ崎 新築 オーダメイド 外壁工事

外壁仕上がってきました。

201612119253.JPG

茅ヶ崎 新築 オーダメイド 木工事

いい感じだ!! かっこよく作っていきます。

2016125141724.JPG

▲外壁工事ももう少し・・・

2016125141628.JPG

▲LDK

201612514518.JPG

▲パノラマ写真なので梁がそっているW。(もっと上手く撮れるように精進)
ダイニングとロフトですね。 ここ見せ場になります。

201612514731.JPG

▲吹付断熱

ダクト型集中24H換気扇(シック対策) 風量検査

集中換気扇 第三種換気
引渡による24時間換気風量検査です。
計画換気は暖冷房計画の動線から家の空気の流れが確定しております。
(窓を開けない時が空気が計画通り流れていることになります。
それでも外部環境が好ましいときは、風任せの網戸の生活をお願いいたします。)

風量検査とは全各排気口の風量を測定し、風量合計を室内の気積で割ったものが
1時間当たりの換気回数となり、規定通りの実証となるか確認します。

シック法では1時間あたり0.5回、1/2換気をしようという目的です。
今回のダクト型集中換気扇は風量を変えることができます。
モードの確定をします。
①基準法の換気回数。(換気回数0.5回)
②冬の換気回数。(換気回数0.4回)
③留守の換気回数。(換気回数0.3回)
④緊急の換気回数。(換気回数、今回は風量のMAXが多いため。MAXモードでなく0.75回を設定しました。)
を設定する為と各排気風量が計画どおり運転をされているか?の検査になります。

この検査は弊社では、集中換気扇システム採用の場合、検査を実施しております。
空気デザインは検査で確認できます。

この検査は断熱気密測定士・断熱技術技師である代表の高橋が指導のもと
測定を実施しております。

20161251243.JPG

11/28(日)最終日 小田原 完成見学会

昨日は午前中、ラッシュ時もありましたが、
ゆっくり見ていただけたでしょうか?
本当に沢山の方が見てくださり、ありがとうございます。
特にお施主様、ご本人様のご満足された笑顔は忘れません。
ご協力ありがとうございました。

見学会も今日1日となりました。
午前10時よりご案内申し上げますので宜しくお願い申し上げます。

↓各画像ダブルクリックしてみてください。
雰囲気がもっと理解できます。

20161126172356.JPG

 

20161126172740.JPG        20161126172810.JPG

▲パノラマ撮影。広角レンズみたいにもなる!!

 

20161126173014.JPG

▲リアルに展開図みたいですね。

11/26・11/27 小田原 完成見学会開催

2016年 今年、最後の見学会となります。

見学会会場の住宅は
古民家モダンを意識した新築内容になります。
建築延べ面積 43.6坪。 
吹抜けも大きいので、面積よりも大きく見えます。
室内では弊社の得意とする素材をご確認ください。

日程は11/26・11/27の2日間。
詳しくは
 http://www.kicori.info/news/2016/11/1126-1127pdf.php
沢山の方にご見学いただくよう、宜しくお願い申し上げます。

20161125111824.JPG

 

小田原市 見学会 太陽の日差しで心もホカホカ!!

1.0階 LDKの風景です。
写真は主役の薪ストーヴや木素材の配置。
日曜日、朝寝坊しておきたリビングに
冬場の太陽の日差しが差し込む。 『今日は家でのんびりしようか?』
そんなことを思ってくださったら、皆さま良い感じです。
冬場でも光が入手できる窓配置。晴天ならば昼間でも照明は省略できそう。
昼間であれば、太陽の光が無垢床材へ温度を蓄熱利用もあり
照明や人間の熱量。小さな熱源から、家が保温しはじめます。
そして、お施主様はストーヴへ薪を入れ。火を起こす過程も嬉しさ。
ストーヴの温もりにてさらに部屋を囲い込む。

大好きな家族と過ごしてみたかった住まいが始まろうとしております。
お施主様、2年間の家づくりの思いが実りましたね。

2016112092559.JPG

 

見学会 100年以上家族と過ごした素材をリメイク

1年前に旧母屋解体前に素材を調査。
お施主様と相談選択し、新しい素材として生まれ変わる為、
再度、製材工場で素材を加工する。
これが弊社の素材再利用です。
今回、素材を殺さないように。仕口の埋め木や被せ塗装は行っていません。
100年以上家族と過ごした思い出を残します。
一部、追加の新素材も使ってますが、そちらはエイジング塗装でフォロー。
歴史の素材提案を表現させていただいております。

 

201611209855.JPG

▲地松梁下

201611209923.JPG

▲地松吹抜けから見た梁

2016112091129.JPG

▲連続格子の框

小田原 新築 完成見学会 床養生とれました。

高断熱仕様に太陽光発電。
ハード面とスマート住宅というイメージを考慮した上で、
お施主様にはご安心頂き。
『家は住まい方。』 お施主様とスタートし

間取りには理由つくりが大切とヒヤリングを重ねてきました。

その一部がこの写真。 ダイニングからみたリビング。
吹抜けと2階ファミリールームのバランス。
薪ストーヴ&土間リビング。
朝起きたら?週末のイメージは?。お子様とのふれあい方とは?
自分が楽しむには。リラックスするには。日常の動線が大切です。

現地でしか確認できません。

木と暮らす住まい方。考えてみませんか?

 

2016111913241.JPG

小田原市 新築見学会 薪ストーヴ

古材利用と薪ストーヴ。
見ているだけでも暖かくなる。

2016111718249.JPG

 

ページ上部へ